×
ビジネス public
[search 0]
×
Best ビジネス podcasts we could find (updated February 2020)
Best ビジネス podcasts we could find
Updated February 2020
Join millions of Player FM users today to get news and insights whenever you like, even when you're offline. Podcast smarter with the free podcast app that refuses to compromise. Let's play!
Join the world's best podcast app to manage your favorite shows online and play them offline on our Android and iOS apps. It's free and easy!
More
show episodes
 
Takramのメンバーが、デザイン・テクノロジー・ビジネス・文化などの話題を幅広く展開します。毎週月曜日に2本のペースで公開します。ぜひご登録ください!Podcast: https://goo.gl/baBXJDSoundclound: https://soundcloud.com/takramcast-Takramは、企業や組織が、限界や領域を超えていくことを現実にするデザイン・イノベーション・ファームです。東京とロンドンをベースに、さまざまなプロジェクトに取り組んでいます。https://www.takram.com
 
Loading …
show series
 
Takramの文化や組織デザインを紹介する""Making of Takram""シリーズ第4弾。今回は、プロダクトデザイン・サービスデザインの2つの領域を専門領域とし、現在夜間ビジネススクールにも通っているTakramデザイナーの篠原由樹が、自身のキャリアや学びについて語りました。(聞き手:Takram佐々木・阿野)。By Takram
 
Takramでは組織のあり方やオフィス環境もプロトタイピングの対象として捉え、日々試作や検証を繰り返しています。今回はオフィス移転後のオフィス改修やリモートワークの制度、メンバーの声を集める仕組みなどをTakramの神原、伊東、野見山が語ります。By Takram
 
RefcomeのVIリニューアルプロジェクトについて、前回に引き続きRefcomeのCEO清水さんとCXO出口さんをゲストに迎え、Takramの神原と弓場が制作秘話を語ります。後編は、ロゴ案を絞り込んで決めるまでの流れや、新しいトーチロゴに込めた想い、デザインの細かなポイント、Figmaで作るVIガイドラインなどが主なトピックです。https://refcome.design/rebranding/By Takram
 
RefcomeのVIリニューアルプロジェクトについて、RefcomeのCEO清水さんとCXO出口さんをゲストに迎え、Takramの神原と弓場が制作秘話を語ります。前編は、ロゴデザインの進め方や、ブランドフレームワーク構築、ブランドパーソナリティ、社員全員を巻き込む方法などが主なトピックです。https://refcome.design/rebranding/By Takram
 
タムロンのレンズデザイン秘話を語るシリーズ第3弾。TAMRONより映像設計事業部の戸谷さんと小枝さんを迎え、ユーザビリティと視認性の観点からデザインと設計を開発経緯を話しました。By Takram
 
Takramの組織の中での効果的な学びを加速させるペア学習・グループ学習の仕組みである「T2T」。日々様々なジャンルのT2Tが開催されています。今回は、もう一度開催して欲しいとの声が多い渡邉によるわびさびT2Tの概要や、メンバーが参加して興味深かったT2Tをピックアップして話しました。By Takram
 
1月31日に開催されるTakram Nightはデザイン・イノベーション・ファーム Takramが定期開催するカジュアルなトークイベントです。トークイベントでは、Takramの内側での取り組みや直近のプロジェクト、関心のあるトピックについてお話しする予定です。トークセッション後は軽食とお酒でビアパーティ。今回はTakram Nightのプロジェクトリーダーの川崎陸と田川が、Takram Nightの内容について話しました。By Takram
 
タムロンのレンズデザイン秘話を語るシリーズ第2弾。TAMRONより映像設計事業部の戸谷さんと小枝さんを迎え、デザインのモックアップのCMF設計から量産用の塗料開発まで、レンズのCMFが決まるまでの経緯について話しました。By Takram
 
タムロンのレンズデザイン秘話を語るシリーズ第1弾。TAMRONより映像設計事業部の戸谷さんと小枝さんを迎え、プロジェクトが始まった経緯とデザインのエステティックスについて話しました。By Takram
 
「人とロボットが協業して野菜を作る」をヴィジョンに掲げる農業スタートアップ、レグミンの資金調達をTakramの谷口と長谷川がロボットのデザインや事業計画の整理、ピッチデックのデザインによってサポートしました。レグミンの創業者である成勢卓裕さんと野毛慶弘さんを迎えて、プロジェクトが始まった経緯やプロセス、スタートアップ企業と仕事をすることへの思いなどを語ります。By Takram
 
Gartnerから発表された「市民データサイエンス」という言葉をテーマに、デザイナーの目線から、データ活用の未来について皆で考えます。様々な分野でデータ活用が求められる今後、デザイナーは何をデザインすべきかを語ります。By Takram
 
Takramの文化や組織デザインを紹介する"Making of Takram"シリーズ第3弾。Takramの組織の中での効果的な学びを加速させるペア学習・グループ学習の仕組みである「T2T」。T2Tについて、Takramのデザイナー 田中尚が、実例と得られた学びについて話しました(聞き手:Takram佐々木・阿野)。By Takram
 
AXISとの誌面連動企画「 BTC トークジャム」Takram田川がナビゲーターとなって、ビジネス・テクノロジー・クリエイティブを越境して活躍するトップランナーから話を伺います。今回は株式会社ポケモンの代表取締役社長の 石原恒和さんをゲストにお迎えしました。By Takram
 
メルカリコーポレート書体Mercari Sansの制作舞台裏について、メルカリのデザイナーの相樂園香さんを迎え、Takramの弓場が語ります。後編はドイツに住んでいらっしゃるMonotype小林章さんとどのようにコミュニケーションして「メルカリらしさ」をデザインに込めていったのか、制作時のこだわり、今後の展開などについて話しました。By Takram
 
メルカリコーポレート書体Mercari Sansの制作舞台裏について、メルカリのデザイナーの相樂園香さんを迎え、Takramの弓場が語ります。前編はコーポレート書体を開発に至ったきっかけや、Monotype小林章さんとの初回打ち合わせでのやり取りなど、制作に入る前の準備段階について話しました。By Takram
 
3Dスキャン技術のひとつであるフォトグラメトリについて、Takramの野見山と櫻井が語ります。フォトグラメトリとはどのような技術なのか。他の技術と比べてどのような特徴や課題があるのか。今後どのように社会で活用されうるのか。具体と抽象を交えて3Dスキャン技術の未来について考えます。By Takram
 
ドミニク・チェンさんにTakram渡邉がインタビュー。「時間を測れない砂時計」をドミニクさんに渡し、独自の用途を考えていただくコンテクストデザインの企画。10/27(日)まで森岡書店にて限定販売している書籍『コンテクストデザイン』に登場するドミニクさんとの対話の一部を、インタビュー録音音声からお送りします。https://www.facebook.com/yoshiyuki.morioka.7/posts/2476659022418401By Takram
 
Takramの文化や組織デザインを紹介する""Making of Takram""シリーズ第1弾。Takramの阿野理恵と共に、People & Organizationチーム新設の背景や、その仕事内容や、クリエイティブを支える社内制度とその作り方などについて話しました(聞き手:Takram佐々木)。By Takram
 
AXISとの誌面連動企画「 BTC トークジャム」Takram田川がナビゲーターとなって、ビジネス・テクノロジー・クリエイティブを越境して活躍するトップランナーから話を伺います。今回は東京大学でデザイン教育を手がけるマイルス・ペニントン教授をゲストにお迎えしました。By Takram
 
THE GUILDの安藤剛さんを招き、データとデザインについて語ります。データの可視化を認知、訴求、記憶保持という3つの軸で捉えその役割を考えます。視覚だけではなく、五感を通じて伝えるデータフィジカリゼーション。さらにその先にある可能性について話し合いました。By Takram
 
博報堂の林智彦さん、アクセンチュアインタラクティブの清水武穂さんを招き、コンサルティングとクリエイティブの関係について語りました。広告とコンサル、クリエイティブそれぞれの立ち位置からお互いがどのように見えるのか。企業のビジョン構築からモノづくりまで、クリエイターを取り巻く仕事領域の変化を越境的視点から語ります。By Takram
 
THE GUILDの安藤剛さんを招き、データとデザインについて語ります。安藤さんが関わられてきたStaccal2やYAMAPをはじめ、ピースオブケイクでのデータ活用事例等を元に、データはどのように次のアクションにつなげることが出来るのかについて伺いました。By Takram
 
『イノベーション・スキルセット』発刊に合わせて、各界のオピニオンリーダーと対談するシリーズの第2弾は、ピースオブケイクのCXOである深津貴之さん。深津さんが考えるBTCと、その最強型であるCXOの仕事とは。ピースオブケイクの会場で行われたトークイベントの録音としてお届けします。By Takram
 
『イノベーション・スキルセット』発刊に合わせて、各界のオピニオンリーダーと対談するシリーズの第1弾は、『アフターデジタル』の共著者である尾原和啓さん。尾原さんがBTC化した道筋や、そのコツについて深く伺いました。By Takram
 
CMFをデザインするとはどういうことか?CMFのデザインはなぜ重要なのか?ものの表面に対する人間の鋭い知覚や、CMFが生活空間で求められている要求など、身近なあの製品を例に挙げながら、Takramの田中尚@tanakashoと中森@Nakamouriが櫻井を聞き手に語ります。By Takram
 
生活の中のハードウエアのデザイン―いわゆるプロダクトデザインはTakramでも重要な領域の一つ。今回は、そのプロダクトデザインに関わる重要な概念のひとつである「CMF」とはいったい何なのか?をテーマに田中尚@tanakashoと中森@Nakamouriが櫻井を聞き手に語ります。By Takram
 
『イノベーション・スキルセット』発刊に合わせて、各界のオピニオンリーダーと対談するシリーズの第1弾は、『アフターデジタル』の共著者である尾原和啓さん。尾原さんが描く、デジタルが完全に浸透した世界観をたっぷり語って頂きました。By Takram
 
RESASをはじめ、Takramの様々なデータ関連プロジェクトでコラボレーションを重ねてきたTakramの櫻井と統計家で株式会社データビークル最高製品責任者の西内啓が、データの可視化とデザインの関係について語ります。最終回となる第3回目は、市民データサイエンスの重要性が指摘される今日において、デザイナーがデータに関わる意義と、今後さらにシームレスに繋がる「分析と可視化の関係」の未来についてのお話です。By Takram
 
人工知能とデザイン、第3回。様々な企業から人工知能についての相談を受けてきた統計家の西内啓氏に、AIプロダクトで失敗しないための秘訣について聞きました。人工知能の持つ説明不可能性や、それに伴う責任の在処など、ビジネスにおける人工知能の課題と、デザインで埋められる溝について話します。By Takram
 
Takram櫻井と建築系インターンの石田による、データビジュアライゼーションと誤読に関するトーク。シチズンデータサイエンスとビジュアライゼーション、量的情報と質的情報、軍事マップとRESAS、最適化とバグ、うつ病とVRなど幅広いテーマを切り口に、これからのデータビジュアライゼーションについて語ります。By Takram
 
Yosuke @ushi_ and Ken @kenfjy from our London studio recently visited AI: More than Human at Barbican with our friend James from YES. In this podcast, the three of them share some of our first impressions of the exhibition, as well as work that they are interested in seeing in the future, in the context of Artificial Intelligence and smart systems.…
 
RESASをはじめ、Takramの様々なデータ関連プロジェクトでコラボレーションを重ねてきたTakramの櫻井と統計家で株式会社データビークル最高製品責任者の西内啓が、データの可視化とデザインの関係について語ります。第2回目は「データはたくさんあるし何をどのようにでも見られるようになったのに何を見ていいかわからない」というビジネスマンのお悩みに対して、「トップダウンとボトムアップ」という複数の視点の持ち方について話します。By Takram
 
TAKRAM RADIOとの連動企画。同番組で、日本経済新聞社グローバル事業局兼広報室の財満大介さんと新田あかねさんをゲストにお招きした「新聞とデジタルメディアの今」を受けて、Takramと渡邉が、メディアとストーリーテリングなどについてTAKRAM RADIOで語りました。今回はその収録を受けて、ストーリーテラーの宮本祐人さんにお話を伺いました。宮本さんが拘りを持って取り組んでいる「ロングリード」というフォーマットに触れつつ、グーテンベルグやソクラテスまで遡り、”情報”や”メディア”と人の関わり合いの歴史についても語ります。聞き手はTakramの渡邉と佐々木。By Takram
 
RESASをはじめこれまで何度もTakramのデータ関連プロジェクトでコラボレーションを重ねてきた、Takramの櫻井と統計家で株式会社データビークル最高製品責任者の西内啓が、データの可視化とデザインの関係について語ります。第一回目はこれまで2人がどのようにデータの可視化について学んできたかの歴史を語ると共に、BIツールの普及したビジネス界で多くの人がどのような問題に直面しているかを話し合います。By Takram
 
Takramの緒方が『情報環世界』のリリースに合わせて連載を開始したnote。本に書ききれなかったことや世の中で起きていることと絡めて、毎週「わかるとつくる」をテーマに2〜3,000字のコラムを執筆しています。このエピソードでは、執筆のルール、テーマや内容、モチベーションなどについて話し合いました。聞き手はTakram佐々木です。By Takram
 
人工知能とデザイン、第2回。人工知能が社会で生み出せる価値とは一体なんなのかを考えます。サービスインまでの限られた時間の中、どのようにプロダクトで価値を生み出すのか。高度なエンジニアリングとビジネスを両立させるために必要な考え方とは何かをメンバーで語ります。By Takram
 
前回に続いて「エヴォみ」がキーワード。ドミニク・チェンさんをゲストに、「解釈」を誘う、「行為」を誘う、「参加」を誘うエヴォみの三段階について語ります。……ユリシーズ、藪の中、エヴァンゲリオン、膝にあるあざはコウノトリがガードレールにぶつけたから、子どもは読解と創作の境目が曖昧、初心忘るべからずの本当の意味、オノヨーコの「グレープフルーツ」、ミランダジュライの「廊下」、ポールオースターの「ナショナルストーリープロジェクト」、すべての芸術にオノヨーコの「Imagine」という命令形は暗黙的に含まれている、パンチドランクの館の中を自由に回遊する演劇、センソリウムの「While You Are」、マークハンセンとベンルービン「Listening Post」、読むと書く行為のグラデーション、ドナルドシ…
 
エモみから「エヴォみ」への提言。分からないことが半分の心地よさ、よく道を聞かれる、音が意味を結ぶ、『情報環世界』の予告、10分遺言、能のつまらなさ、湧き出るイメージ、4分33秒、クロッキーの犬、降霊術、10seconds poetryのロトスコープ、日常の演劇性と詩情…。TAKRAM RADIO四月「メディアの未来」のゲスト、情報学研究者ドミニク・チェンさんをTakramCastにもお呼びした収録、その1です。http://cargocollective.com/otama/IO-SECOND-POETRY/DEPARTUREhttps://www.amazon.co.jp/dp/4757103875…
 
Loading …
Google login Twitter login Classic login