ポイント public
[search 0]
More

Download the App!

show episodes
Loading …
show series
 
今回は全国チェーンでの事例になります。やはり、メルマガよりもLINE@の方がパワーがあることが良く解る事例になります。
 
今回の事例は、根強いファンのいるラーメン店の事例です。事例解説に加えて、プチ講義として事例の活かし方、考え方についてをお話しています。 こでで、こも事例はうちには当てはまらない!って思考は吹っ飛びます。
 
今回の事例は、ありがちな雨の日クーポンをより、効果的かつリピート化につなげることができる、とても参考になる事例です。
 
今回の事例は、新規オープンの際に非常に参考になる事例になります。 お店ができる前に、あらかじめお客さんを囲ってしまう方法を 今回のケースをベースに、プチノウハウとして解説しています。
 
今回の事例は、お店の強みを最大限訴求するためにLINE@を活用している事例になります。 配信内容やクーポンの内容、考え方など参考になる要素が多い事例になります。
 
今回の事例は、店舗の立地が良くないカフェでも、LINE@を上手く活用して集客&ファン化につなげた事例になります。 自店に強力なキラー商品がある場合は、この方法はかなり有効ですね。
 
今回の事例は、パン屋さんが常連さん育成のための活用事例になります。 配信の考え方やイベントの企画手法等参考になることは結構ありますよ。
 
今回の事例は、ラーメン屋さんでのLINE@の活用事例になります。 訴求の仕方次第で、意外なものが集客要因になるということに気づけるケースです。 また、LINE@を使った告知は参考になると思います。
 
今回のカフェの事例は、自店の強みを活かしたお友達の集め方が参考になると思います。 この事例をどのように自店に落とし込んでいくか? 一見難しそうですが、ちょっと視点をズラせば意外にアイディアは 浮かんでくると思います。
 
今回は関東地域を中心に展開する焼き肉チェーンてんでのLINE@の活用事例を紹介します。 どうやって、お友達を増やしたのか? また、来店にどうつなげていくのかなど、 参考になることがたくさんありますよ。
 
世の流れに乗って、LINE@を導入したものの、まったくもって活用できていないお店に向けに、LINE@を上手く活用して、売り上げ増や客数増につながっているお店の事例を紹介していきます。 具体的にどんなことに取り組んでいるのか? また、実践上のポイントなどを詳しく音声で解説をします。 質問、相談等は専用のLINE@で受け付けていますので、そちらからメッセージをお願いします。
 
皆さん、ひょうっとしたら忘れていると思いますが、 予定通り進むと、来年の4月に消費税は10%に上がります。 これ、かなりシャレにならない系なんですよね。 この消費税に、働き方改革による残業規制が入ってくるので、 会社員の可処分所得は激減してしまいます。 残された期間は1年を切っていますが、 今から対策を打てば来年4月は乗り切れると思います。 今日は消費税に関連するお話になっています。
 
働き方改革関連法案が着々と進んでいますね。 内容はどうあれ、今後、労働環境は大きく変わっていきます。 今までは正社員なら安泰!的な感じでしたが そうも言ってられなくなりますね。 今後、日本郵政のように、派遣社員の処遇に、正社員の処遇を近づけていく、 すなわち、正社員の手当削減的な流れがトレンドになりそうですね。 そんな状況を指をくわえて傍観していたらダメです。 今からしっかりと対策を打ちましょう!
 
何だかんだで結果を出している人って、業種業態問わず行動力が凄まじいって所が共通点ですね。 やる前から、あれこれ不安要素を考えていたら、一生スタート切れませんから・・・ やはり、四の五の言う前に即実行がデフォだったりするような気がします。 LINE@友達募集中です!どしどし登録をお願いいたします。
 
今日はこの記事を見ての感じたことをお話しています。 夫に辞令、続く別居 「子ども、仕事…いま何を優先すべきかが難しい」 単身赴任って普通にあることですが、 家庭にとってはプラスはほとんどないですよね。 ただ、働き方改革の流れで、副業解禁になれば、 今とは状況が変わって、転勤も断りやすくなるような気がします。 転勤が断れない理由は、 結局のところ、出世に影響するから!これだけだと思います。 さらに掘り下げると、収入が増えなくなる!って所に行きつきます。 それが、副業解禁になれば状況は大きく変わってきますよね。 今日はそんなお話をしています。 質問、その他はコチラのLINE@からお願いします。
 
働き方改革がすすみ、残業がどんどん減っていきます。 そうなると、当然ですが貴方の可処分所得は激減します。 それを補うための手段として副業がOKになる訳ですが・・・ 単純にダブルワーク化してしまうと 労働時間が現状よりも増えるが収入は微増!という 残念な状況になってしまいます。 そこで、それを避けるための方法を考えてみました。
 
今年は副業元年のようですね。 めざましテレビでも取り上げていました! 今日は激減する残業代をカバーするための考え方について話してみました。 質問、相談、リクエストその他はLINE@までお願いします。
 
こんにちは! 井上です。 今回、PodCast番組をリニューアルしました。 この番組は、会社員専門で働き方改革に備える旬な話題をお届けします。 質問、相談、感想、気づきなどは、LINE@からお願いします。
 
Loading …

Quick Reference Guide

Copyright 2021 | Sitemap | Privacy Policy | Terms of Service
Google login Twitter login Classic login