浄土真宗 public
[search 0]
More

Download the App!

show episodes
 
Loading …
show series
 
第36回目を聞かれての質問について話をしました。 質問「阿弥陀様をたのむものを必ず助けるということですが、阿弥陀様に助けてくださいとお願いするのではなく、仰せをそのまま承るとはどのようなことなのでしょうか?我にまかせよ、必ず助けるという仰せについて疑いのない状態、御本願をそのまま受け入れている状態を言うのでしょうか?」 話の中で出てきた御文 「「聞其名号」といふは、本願の名号をきくとのたまへるなり。きくといふは、本願をききて疑ふこころなきを「聞」といふなり。またきくといふは、信心をあらはす御のりなり。「信心歓喜乃至一念」といふは、「信心」は、如来の御ちかひをききて疑ふこころのなきなり。(一念多念証文 浄土真宗聖典註釈版P678)」 番組を聞いての質問は ブログ安心問答のコメント欄 https…
 
今回は、質問箱に頂いた内容について話をしました。 質問 「蓮如様は、口に念仏申しただけでは足すからぬと仰っていると思います。 一方で、阿弥陀様の御本願には、お念仏をとなえる衆生を必ず助けるとお誓いになられています。 蓮如様のお言葉をどう解釈したらよろしいでしょうか? 今私は助かりたい一心で、御本願を信じてお念仏をあげています。 今のままでは助からないのでしょうか?」 今回紹介した御文章。 答へていはく、まづ世間にいま流布してむねとすすむるところの念仏と申すは、ただなにの分別もなく南無阿弥陀仏とばかりとなふれば、みなたすかるべきやうにおもへり。それはおほきにおぼつかなきことなり。(略) 他力の信心といふことを一つこころうべし。さて他力の信心といふ体はいかなるこころぞといふに、この南無阿弥陀仏の…
 
ブログ記事はこちら 安心問答ー浄土真宗の信心について- 話の中に出てくる御文 いかにいはんや十方群生海、この行信に帰命すれば摂取して捨てたまはず。ゆゑに阿弥陀仏と名づけたてまつると。(顕浄土真実行文類 - WikiArc・浄土真宗聖典註釈版P187) (82) 摂取してすてざれば 阿弥陀となづけたてまつる(浄土和讃 - WikiArc・浄土真宗聖典註釈版P571) 質問箱はこちら
 
ブログ安心問答ー浄土真宗の信心についての音声版として配信をしています。 今日の質問は質問箱のこちらからです。 話のなかで出てきた尊号真像銘文。 「「乃至十念」と申すは、如来のちかひの名号をとなへんことをすすめたまふに、遍数の定まりなきほどをあらはし、時節を定めざることを衆生にしらせんとおぼしめして、乃至のみことを十念のみなにそへて誓ひたまへるなり。」
 
#032「心が南無阿弥陀仏になるというのはどういう意味なのでしょうか?」(頂いた質問) Peing-質問箱-に頂いた質問について話をしました。 話の中に出てきたご文 (安心決定鈔より) 【6】 念仏三昧において信心決定せんひとは、身も南無阿弥陀仏、こころも南無阿弥陀仏なりとおもふべきなり。ひとの身をば地水火風の四大よりあひて成ず、小乗には極微の所成といへり。身を極微にくだきてみるとも報仏の功徳の染まぬところはあるべからず。されば機法一体の身も南無阿弥陀仏なり。こころは煩悩・随煩悩等具足せり、刹那刹那に生滅す。こころを刹那にちわりてみるとも、弥陀の願行の遍ぜぬところなければ、機法一体にしてこころも南無阿弥陀仏なり。弥陀大悲のむねのうちに、かの常没の衆生みちみちたるゆゑに、機法一体にして南無阿弥…
 
「真宗において 称える心、聴聞しようとする心、 それらをもともと持たない私たちが、 阿弥陀仏のお働き、お育てにより念仏を称えるという 内容を見聞きすることがありますが、 念仏しようとしたり、聴聞しようとする殊勝な心を 私達は元来、持っていないという内容はお経の中にありますでしょうか? いまいちお経のどこから出てきた内容なのかがわかりません。 教えていただければ幸いです。」 について話をしました。 安心問答 浄土真宗の信心について
 
#030 今回は質問箱に頂いた質問 「ただ今助けるという阿弥陀仏の本願を『許諾する』『受け入れる』『聞き受ける』等という表現がされますが、そのニュアンスがよくわかりません。 自分の心でただ単に『許諾した』と思い込むことでもないですよね?」 について話をしました。 質問箱はこちら 関連したブログ記事 「『南無阿弥陀仏を南無阿弥陀仏と聞く』というのは、南無阿弥陀仏の謂れ(善導大師・親鸞聖人・蓮如上人等の六字釈等)を思い出しながら、念仏を称え、それを聞くことでしょうか?」(Peingで頂いた質問)
 
質問箱に頂いた質問 「自力を捨てるとは、自力が問題にならなくなることですか?それとも自力が意識から消えるのでしょうか?」 について話をしました。 話の中で出てきたご文 自力のこころをすつといふは、やうやうさまざまの大小の聖人・善悪の凡夫の、みづからが身をよしとおもふこころをすて、身をたのまず、あしきこころをかへりみず、ひとすぢに具縛の凡愚・屠沽の下類、無碍光仏の不可思議の本願、広大智慧の名号を信楽すれば、煩悩を具足しながら無上大涅槃にいたるなり。(唯信鈔文意 註釈版浄土真宗聖典P707) http://ur2.link/RYIS ブログ安心問答−浄土真宗の信心について− https://anjinmondou.hatenablog.jp/…
 
質問箱に頂いた質問について話をしました。 「信後には安心がありますか?」 話の中で出てきたご文 弥陀の名号称えつつ 信心まことにうるひとは 憶念の心つねにして 仏恩報ずるおもひあり(浄土和讃) http://ur0.work/znv3 ブログ 安心問答−浄土真宗の信心について
 
質問「逆謗の死骸である機を見つめよとか、機はほっといて法の尊さに目をつけよとか言いますが、どららが正しいのでしょうか?どちらもそんなに気にせずに聴聞すればいいのでしょうか?」 についての話をしました。 話の中に出てくる親鸞聖人の御言葉 摂取不捨の真言、超世希有の正法聞思して遅慮することなかれ。(教行信証 総序) http://urx.space/Ue4Z 浄土真宗聖典註釈版P132 https://anjinmondou.hatenablog.jp/
 
パロディ (id:parotan) 2019-08-20交通の便が悪い田舎に住んでいることや、自分の体調のこともあり、なかなかお寺へ参ることができませんそのため本を読んだりネットで法話の動画を見て浄土真宗の勉強をしているのですが、聴聞をしないものは救われないのでしょうか。について、思ったことをラジオ版で話してみました。
 
今回は、頂いた質問 「阿弥陀仏の本願に対する疑いがどうしても晴れません。悩んでいます。救うと誓われているのになぜ獲信者が少ないのでしょうか」 について話をしました。 −−− 今回出てきた和讃は、以下 正像末和讃 (67) 自力諸善のひとはみな 仏智の不思議をうたがへば 自業自得の道理にて 七宝の獄にぞいりにける (68) 仏智不思議をうたがひて 善本・徳本たのむひと 辺地懈慢にうまるれば 大慈大悲はえざりけり https://bit.ly/2JFKyWN −−− 番組に対する感想・質問があれば、ブログ安心問答コメント欄または、yamamoyama@gmail.comまでお願いします。
 
https://anjinmondou.hatenablog.jp/entry/2019/03/21/055958 に関連した内容をラジオ版で収録しました。 ・一 あさの御つとめに、「いつつの不思議をとくなかに」(高僧和讃・三三)より「尽十方の無礙光は 無明のやみをてらしつつ 一念歓喜するひとを かな らず滅度にいたらしむ」(高僧和讃・三八)と候ふ段のこころを御法談のとき、「光明遍照十方世界」(観経)の文のこころと、また「月かげのいたらぬさとはなけれども ながむるひとのこころにぞすむ」とある歌をひきよせ御法談候ふ。なかなかありがたさ申すばかりなく候ふ。上様(蓮如)御立ちの御あとにて、北殿様(実如)の仰せに、夜前の御法談、今夜の御法談とをひきあはせて仰せ候ふ、ありがたさありがたさ是非におよばず…
 
猿松 2019-02-28 12:03:25 (略) あれから「おまかせする」ということについて考えておりました。 「弥陀の本願信ずべし」とは「弥陀をたのめ」ということであり「阿弥陀仏におまかせする」ということである。これを詳しく言うと「阿弥陀仏に自分の後生をおまかせする」ということなると思います。 しかし自分の心底を見てみると、本当に阿弥陀仏の存在も自分の後生の存在も信じているのか、かなり怪しいところです。 では、なぜ浄土真宗を求めているのかといえば、「このままではロクなことにならない」という漠然とした将来の不安と「この教えには何かある」という漠然とした希望でしかありません。 こんな私が「阿弥陀仏に自分の後生をおまかせする」には具体的に何をすればよいのか、お念仏すればよいのか、聴聞に行けば…
 
ブログ記事 https://anjinmondou.hatenablog.jp/entry/2019/02/02/203016 に関連して、 罪障功徳の体となる 氷と水のごとくにて 氷多きに水多し 障り多きに徳多し  (高僧和讃) のご和讃について話をしました。 過去の理解と今の理解の違い「罪障と功徳が等価にならない」について話をしました。
 
頂いた質問 「命がけで聞かないと救われないのでしょうか?」について話をしました。 (63) 一 仏法者申され候ふ。わかきとき仏法はたしなめと候ふ。としよれば行歩もかなはず、ねぶたくもあるなり。ただわかきときたしなめと候ふ。(御一代記聞書)
 
#017 今回は南無阿弥陀仏と念仏していてもいかにもありがたそうに称えられる人の念仏と比べると、私が称える南無阿弥陀仏と違うのではないかと思ってしまいます。という方からの質問について話をしました。
 
園児さんのコメントより「易往而無人」について話をしました。−−−−律宗の用欽のいはく、「法の難を説くなかに、まことにこの法をもつて凡を転じて聖となすこと、なほし掌を反すがごとくなるをや。大きにこれ易かるべきがゆゑに、おほよそ浅き衆生は多く疑惑を生ぜん。すなはち『大本』(大経・下)に〈易往而無人〉といへり。ゆゑに知んぬ、難信なり」と。 (教行信証信巻 註釈版聖典248頁)この一念の安心一つにて浄土に往生することの、あら、やうもいらぬとりやすの安心や。されば安心といふ二字をば、「やすきこころ」とよめるはこのこころなり。さらになにの造作もなく一心一向に如来をたのみまゐらする信心ひとつにて、極楽に往生すべし。あら、こころえやすの安心や。また、あら、往きやすの浄土や。これによりて『大経』(下)には「易…
 
今回は「心得たと思ふは心得ぬなり。心得ぬと思ふは心得たるなり。」(御一代記聞書232)の意味について質問を頂いたので話をしました。-------一 おなじく仰せにいはく、心得たと思ふは心得ぬなり。心得ぬと思ふは心得たるなり。弥陀の御たすけあるべきことのたふとさよと思ふが、心得たるなり。少しも心得たると思ふことはあるまじきことなりと仰せられ候ふ。されば『口伝鈔』(四)にいはく、「さればこの機のうへにたもつところの弥陀の仏智をつのらんよりほかは、凡夫いかでか往生の得分あるべきや」といへり。(御一代記聞書232 https://bit.ly/2Qg0iSn)---------
 
メールで頂いた質問歎異抄一章に「摂取不捨の利益」と仰っておられるとお聞きしますが、その世界は、どういう世界でしょうか。について話をしました。今回収録に出てきた御文弥陀の誓願不思議にたすけられまゐらせて、往生をばとぐるなりと信じて念仏申さんとおもひたつこころのおこるとき、すなはち摂取不捨の利益にあづけしめたまふなり。(歎異抄)http://labo.wikidharma.org/index.php/歎異抄#.E7.AC.AC1.E6.9D.A1(114)超日月光この身には 念仏三昧をしへしむ 十方の如来は衆生を 一子のごとく憐念す(浄土和讃)http://labo.wikidharma.org/index.php/浄土和讃#P--577真実信心の行人は、摂取不捨のゆゑに正定聚の位に住す。このゆ…
 
タロウさんのコメントについて話をしました。以下、ブログのコメントより−−−−−−−−−タロウ 2018/10/06 22:38山も山さんこんにちは。わざわざ記事にしてくださりありがとうございます。>それは、なんとかなろうと聞いているときも同じですわからないのがここです。これだと、「なんともなろうとは思ってない聞き方」があると解釈できてしまします。ネットラジオNo4で山も山さんがお話になった、「聞思して遅慮することなかれ。」っということなのだと思うのですが、心の性質上そんなことが可能とは思えないのです。耳で聞いた情報は、耳に入ってきた瞬間に思いが(計らい事が)働き、自分勝手に解釈してしまうようにでけていると思うのですよ。。「聞思して遅慮することなかれ」これは、海のマグロに泳ぐのをやめろ!という…
 
今回の頂いた質問「法座に足を運ぶ時、今日こそは聞いて疑いない身になろうと思っています。しかし、法座が終わると今日も駄目だったかと肩を落として帰っています。こう言う状態がずっと続いていますが、どう聞いたらいいでしょうか」不断光ということから話をしました。
 
メールで頂いた質問。「信心決定すると疑心あることなしということですが、どういう状態が疑心あることなしなのかが、正直わかりません。」について話をしました。
 
ブログに頂いた、ぷろぐれすさんのコメントについて話をしました。−−−−−−−−−http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20180906/1536221470#c1536313186●「南無阿弥陀仏と耳に聞こえているでしょう?南無阿弥陀仏と口に称えられているでしょう?それが証拠です。なぜ、証拠だとおっしゃっているのか、それがわかりません。仏願の生起本末のお話は、何度も聞かせて頂いているのですが、どこがちゃんと聞けていないのでしょうか?具体的にご指摘頂ければ幸いです。−−−−−−−−−・御一代記聞書より(9)一 「他力の願行をひさしく身にたもちながら、よしなき自力の執心にほだされて、むなしく流転しけるなり」(安心決定鈔・末意)と候ふを、え存ぜず候ふよし申しあげ候ふところに…
 
「地獄へ堕ちるかよりも浄土往生を願う本願を聞いて下さいと聞きましたが、気になります」と頂いた質問について話をしました。お知らせ 兵庫県西宮市での響流会さまの「にしのみや聞法会」で話をさせていただくことになりました。http://kourukai.org/?p=331−−−−日時:9月22日(土)講題:『お彼岸の由来。何をする日?』時間:午後3時~午後4時半 (途中休憩)場所:西宮市勤労会館3階 第 6会議室 (会場前に案内を出しております)−−−−−−−−
 
田子さんからの質問についての話。http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20180815/1534315786#c1534754553「各お寺で聴聞をさせていただいているのですが、なかなか阿弥陀仏の本願に対して疑いがはれません。どうすればはないとお聞きしますが、聴き方に対する注意点などありますでしょうか。よろしくお願いします。」について話をしました。
 
2018/08/11のブログ記事「ブログを読めば(聞法すれば)救われるというのは間違いのように思いますが、読まない方がいいとも思いません。身の置き場がないように感じますが、どのように受け取れば宜しいでしょうか?」(ぷろぐれすさんのコメントより)についての追加の話です。関連記事 http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20180811
 
今回は、メールで頂いた質問。「仏教の難しい言葉はあまりわからないので、ブログを読むときお聖教の言葉はほとんど飛ばして読んでいますが、これでいいでしょうか?」について。
 
ブログで10年間続けて来た安心問答に、音声版を追加して作成して見ました。浄土真宗の教えや信心についての問答をしております。今回は、メールで頂いた「よくいつも阿弥陀仏は私に寄り添ってくれているという話がありますが、目に見ることができず、いったいどこにいるのだろうという気がいつもします。」について話をしています。関連記事http://d.hatena.ne.jp/yamamoya/20180728/1532762423
 
Loading …

Quick Reference Guide

Copyright 2022 | Sitemap | Privacy Policy | Terms of Service
Google login Twitter login Classic login