礼拝メッセージ public
[search 0]
More

Download the App!

show episodes
 
宮城県大崎市にあるキリスト教会の礼拝や祈り会で語られるメッセージを配信しています。当教会では「聖書のことば」にこそ信仰生活の力があると考え、聖書の丁寧な解き明かしを大切にしています。聖書そのものを良く知りたい、という方にお勧めいたします。ご近隣にお住まいの方は、ぜひ礼拝までお越し下さい。歓迎いたします。なお、使用している聖書は「新改訳2017」(新日本聖書刊行会翻訳、いのちのことば社発行)です。
 
バイリンガルの礼拝メッセージです。You can hear message.(English-Japnese)教会に行ったことがない人も、気軽に聞いてみませんか?ipodをお持ちの方はこのボタンからも聞けます。If you have ipod, please click this button. (iTunesが立ち上がります。iTunes starts.)IBFサイトはこちら
 
私たちは神奈川県大和市にある、聖書を重んじる福音的プロテスタント教会です。「明るく元気でのびのびと」をモットーとしています。是非日曜日教会へいらっしゃいませんか?皆様のお越しをお待ちしています。 また、主日礼拝の模様は“YouTube”にて生中継されています。是非ご覧下さい。
 
Loading …
show series
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 日時:2021年8月1日 聖日礼拝 聖句:士師Jdg.7:2~22、ヨハJohn.16:33 ヤハウェ・シャローム主は我が平安 ~勝利と平和の主~ 1.主と出会い、     真の平和キリストによって生きています  *主の平安、安心 2.主は小さい者を選んで、         平和を築く者として用います  *主の平和、回復、豊かさ 3.完璧なエンディングを主は約束されています  *ヤハウェ・シャローム=主は完全、完了 1.主は、人が誇れない方法で勝利を取られます  「わたしに向かって誇るといけないから」(:2)  詩篇Ps.20:6-8  ⅠコリCor.1:23-31 2.主は恐れるリーダーにビジョンを与えます  「大…
 
実施日時: 2021年7月25日 日曜礼拝  メッセンジャー: 門谷 信愛希 牧師  聖書箇所: 出エジプト記17章1〜16節  長さ・サイズ: 45:40 (20.91MB)  内容紹介: 「神を試みる」。聖書の中で一貫して罪とされていますが、分かったようで分からない概念、というのが実際ではないでしょうか。エジプトを出て数ヶ月。イスラエルの民は事あることに神を試みています。その背後にあったのはどんな考えなのでしょうか。また、それに対処したモーセは、何を教えられたのでしょうか。現代に生きる私たちへの教訓の視点を持ちつつ、聖書から説き明かしていきます。 「神を試みる」。聖書の中で一貫して罪とされていますが、分かったようで分からない概念、というのが実際ではないでしょうか。エジプトを出て数ヶ月。イ…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 日時:2021年7月25日 三世代礼拝 聖句:ルカLuke.10:25-37、ピリPhil.2:6-11 1.自分の権利を捨てることにより、神様が働き始める 出エジExo.3:1-5、ⅡコリCor.12:7-10 「あなたのくつを脱げ」    くつ:権利、地位の象徴 2.失われた魂に向けられるイエス・キリストの   あわれみの心     ルカLuke.10:25-37  ※律法主義:法の方が、法を作った人より    偉いと考えること  かわいそうに思い:<ギ>スブランクニゾマイ   <別訳>腸がちぎれる想いに駆られ、       深くあわれみの情に動かされ 3.誰よりも自分の権利を捨て、   父の心に従ったイエス・キ…
 
実施日時: 2021年7月18日 日曜礼拝  メッセンジャー: 門谷 信愛希 牧師  聖書箇所: 黙示録3章20節  長さ・サイズ: 42:04 (19.26MB)  内容紹介: ビギナーの方にも分かりやすい「ウェルカム礼拝」にて語られたメッセージです。どんな人間関係も、「心をひらく」ことから始まります。では「神との関係」はどうでしょうか。もしかすると、神という存在に対しては、心を固く閉ざしていることはないでしょうか。聖書はそんな私たちを愛し、交わりを持ちたいと心から願っている神の存在を語ります。 ビギナーの方にも分かりやすい「ウェルカム礼拝」にて語られたメッセージです。どんな人間関係も、「心をひらく」ことから始まります。では「神との関係」はどうでしょうか。もしかすると、神という存在に対して…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 日時:2021年7月18日 聖日礼拝 聖句:士師Jdg.6:11~24、ヨハJohn.16:33 *シャローム=平安、平和、健全、安全、        回復、報酬、完全、完了 1.生ける主と出会い、真の平和キリストによって生きています  「安心しなさい。恐れるな。あなたは死なない。」 *ヤハウェ・シャローム=主は平安、安心  イザIsa.9:6 「平和の君」  イザIsa.53:4-5  ヨハJohn.5:24-26 2.主は小さい者を選んで、平和を築く者として用います  「あなたのその力で行き、…救え。        わたしがあなたを遣わす。」 *ヤハウェ・シャローム          =主の平和、回復、豊かさ  …
 
実施日時: 2021年7月11日 日曜礼拝  メッセンジャー: 門谷 信愛希 牧師  聖書箇所: マルコ11章1〜11節  長さ・サイズ: 39:51 (18.24MB)  内容紹介: ついにイエス・キリストの生涯のクライマックスである「十字架」に向けた1週間が幕を開けるマルコ11章。その始まりにいたのは「ろばの子」でした。意外な存在が、意外な目的のために用いられることは、信仰者一人ひとりも、神の「意外な」目的のために用いられることを示しています。キリストのエルサレム入城という重要な場面を通して、神が私たちに語って下さる励ましのメッセージを見つめて行きます。 ついにイエス・キリストの生涯のクライマックスである「十字架」に向けた1週間が幕を開けるマルコ11章。その始まりにいたのは「ろばの子」で…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 日時:2021年7月11日 聖日礼拝 聖句:出エジExo.17:8-16、イザIsa.54:2-3、 主題:ヤハウェ・ニシ主は我が旗 No.1    ~救いと力となる主~ 1.主は私たちの基準となってくださいました  *主がニシ(旗)=主が基準Standardとなる 2.主は十字架に上げられ、      救いのしるしとなってくださいました  *主がニシ(旗)=主がしるしSignとなる 3.主が私たちの力となってくださいます  *主がニシ(旗)=主が帆Sailとなる       =風を受け、前進するための力 1.主の御座に覆われて私たちはひとつです  「それは『主の御座の上の手』のこと(:16)」  申命Deu.25:…
 
実施日時: 2021年7月4日 日曜礼拝  メッセンジャー: 門谷 信愛希 牧師  聖書箇所: 出エジプト記16章22〜36節  長さ・サイズ: 40:43 (18.64MB)  内容紹介: しばしば「戒律」と受け取られがちな「安息日」。実はそうではなく、「神様からのギフト」なんだよ、と聖書は語ります。なぜそう言えるのでしょうか。それは、エジプトから脱出したイスラエルの歩みにありました。そしてこの「安息日」は、現代に生きる私たちにとっても、実は大きな意味を持っていました。その意味について、聖書から丁寧に語っていきます。 しばしば「戒律」と受け取られがちな「安息日」。実はそうではなく、「神様からのギフト」なんだよ、と聖書は語ります。なぜそう言えるのでしょうか。それは、エジプトから脱出したイスラ…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 日時:2021年7月4日 聖日礼拝 聖句:出エジExo.17:8-16、ヨハJohn.3:14-17  *アドナイ=YHWH=ヤハウェ  *ニシ=旗 1.主は私たちの基準となってくださいました  「アマレクが来て、…イスラエルと戦った(:8)」  申命Deu.25:17-18  主の基準となるイスラエル *主がニシ(旗)=主が基準Standardとなる  イザIsa.45:5-7 2.主は十字架に上げられ、     救いのしるしとなってくださいました  「記録として、書き物に書きしるし(:14)」 *主がニシ(旗)=主がしるしSignとなる  民数Num.21:5-9  ヨハJohn.3:14-17、12:32-35…
 
今回は、「主が来られる時まで耐え忍びなさい。」(ヤコブ5:7)からの2回目のメッセージです。前回、主が来られる時まで、農夫や預言者、またヨブを手本として耐え忍びなさいとヤコブは励ましていると語りました。特にヨブの忍耐を手本にあげています。5章11節には、「あなたがたは、ヨブの忍耐のことを聞いています。また、主が彼になさったことの結末を見たのです。主は慈愛に富み、あわれみに満ちておられる方だということです。」と書かれています。ヨブはなぜ自分が苦しまなければならないのか、その理由は分かりませんでした。しかしながら、苦しみを通して、神の摂理の大きさに気づいたのです。摂理とは、神学の用語で、神は前もって見ておられる、との意味を持つ言葉です。愛の神様が、永遠のご計画を、またご配慮を自分の人生に持ってお…
 
実施日時: 2021年6月27日 日曜礼拝  メッセンジャー: 門谷 信愛希 牧師  聖書箇所: マルコ10章46〜52節  長さ・サイズ: 37:51 (17.33MB)  内容紹介: イエス・キリストの十字架への道が具体化するマルコ11章。その直前に記されているのが、今回の箇所に登場する盲人バルティマイの姿です。苦難に満ち、人から無視され、願いを聞いてもらえないことに「慣れて」いた彼でしたが、目の前に現れたイエスを見たとき、癒やしを求めて叫び声を上げます。人々から叱られても、決してその声をやめることがなかったバルティマイ。彼は何を想い、イエスをどのように見つめていたのか。彼のあり方から「イエス・キリストの弟子」として生きるとはどんなことなのかを見つめて行きます。 イエス・キリストの十字架…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 日時:2021年6月27日 聖日礼拝 聖句:ヨエルJoe.2:28-29, 使徒Act.4:24-33 1、主のしもべは、   「イエスは主」とどんな時にも礼拝します。 使徒Act.4:24「主よ。あなたは天と地と海と   その中のすべてのものを造られた方です。」  *「主」=ギ語「デスポタ」=専制君主、独裁者 2、主のしもべは、   御霊に導かれて大胆にみことばを語ります 使徒Act.4:29 「あなたのしもべたちに   みことばを大胆に語らせてください。」  *「大胆」=ギ語「パレーシア」←「すべて」+「発言」 3、主のしもべは、   主のいやし、しるしと不思議の管となります 使徒Act.4:30 御手を伸ばして…
 
今回は、「主が来られる時まで耐え忍びなさい。」(ヤコブ5:7)からのメッセージです。主が来られる時まで、農夫や預言者、またヨブを手本として耐え忍びなさいとヤコブは励ましています。今日は、耐え忍ぶことについて考えてみます。ところで、前回は「主の御前でへりくだりなさい。」(ヤコブ4:10)とのテーマでメッセージを語りました。へりくだる者とは、自分の不完全さを認めて、神により頼み、神の与えてくださる救いを待ち望む者のことです。そのような者を、主は高くしてくださると約束されています。皆さん考えてみてください。私たちの命は神から与えられたものです。キリストを信じ、天国の希望を持ちつつ、救いの完成を目指して、日々歩む者、それが私たちです。その目的を見失うと、人生の挫折に直面することが多いのではないでしょ…
 
実施日時: 2021年6月20日 日曜礼拝  メッセンジャー: 門谷 信愛希 牧師  聖書箇所: 出エジプト記16章1〜21節  長さ・サイズ: 43:57 (20.12MB)  内容紹介: モーセに率いられ、エジプトを脱出したイスラエルの民が次に向かったのは「荒野」でした。何もない荒れ果てた地で1ヶ月間行動した一行でしたが、たちまち食糧危機が発生します。民の不平や訴えを耳にしたモーセに神が語られたのは、実に意外な解決方法でした。一見すると奇想天外にも思える出来事のなかには、現代に生きる私たちにも通じる、信仰生活の大切なレッスンがありました。聖書から、丁寧に説き明かします。 モーセに率いられ、エジプトを脱出したイスラエルの民が次に向かったのは「荒野」でした。何もない荒れ果てた地で1ヶ月間行動…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 日時:2021年6月20日 聖日礼拝 聖句:使徒Act.2:46-47、28:30-31、Ⅱテモ1:6-8 1.神の国は家から家へと拡がり続けています  「宮に集まり、家でパンを裂き、(2:46)」  *使徒10:27-28  *使徒28:30-31 2.信仰と聖霊に満ちた普通の人を通して主は働かれます  「信仰と聖霊とに満ちた人…を選び、(6:5)」  *使徒6:3-7 3.大胆にイエスを証しし、神の国は拡大します  「神の国を宣べ伝え、主イエス・キリストのことを(28:31)」  *使徒28:30-31  *Ⅱテモ1:6-8…
 
主イエス・キリストの語られた6つの譬え話 その1  ルカの福音書15章1節~7節 ①主イエス・キリストの語られた6つの譬え話から、神さまのメッセージを受け取ってゆきたいと思っています。 きょうは、その第一回として、「いなくなった一匹の羊の譬話し」の所をご一緒に読んでゆきたいと思います。 ・この譬え話は、当時の人たちのだれでもがよくわかる話でした。 また、現代に生きている私たちにとっても、この話はけして難しいものではありません。 ・100匹の羊を飼っていた羊飼いがいて・・、その羊飼いは、ある日、その羊たちを連れて野に出ていったのです。 しかし、しばらくすると、羊飼いは、その中の一匹がいなくなっていることに気づきました。 ・こういう場合、その羊飼いはどうするのだろうか・・この譬え話には、こういう…
 
実施日時: 2021年6月13日 日曜礼拝  メッセンジャー: 門谷 信愛希 牧師  聖書箇所: マルコ10章32〜45節  長さ・サイズ: 43:09 (19.75MB)  内容紹介: 「(他の人は差し置いて)私たちをあなたの左大臣、右大臣にしてください」。こんな常識外れの願いを二人の兄弟の弟子がイエス・キリストにしたのは、十字架が10日あまりに迫った時のことでした。3年半も共に過ごしてきながら、イエスの生き方を実践するということにおいて全く見当外れの弟子たち。そんな彼らに、根気強くイエスは「仕える者として生きる」ことの意味を語りかけます。「仕えるよりも仕えられたい」。そんな本音が渦巻く世の中に、キリストは何を説いたのでしょうか。聖書から説き明かしていきます。 「(他の人は差し置いて)私た…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 御言葉:使徒4:29-33、ヘブル12:22-29 6月13日 聖日礼拝 八束 慰也師 聖霊様は私たちの内に住んでくださるだけで なく、上から注がれる聖霊の満たしが神様から の約束として与えられています。「わたしはわた しの霊をすべての人に注ぐ」(ヨエ2:28)という預 言は、血と火と煙のことです。  ①血:キリストの十字架の血  ②火:聖霊のバプテスマ  ③煙:主の臨在と栄光(再臨) 切り裂かれた動物の間を、契約者同士が歩く 事が、創世記15章の頃の契約でした。アブラハ ムは、神様との契約の時、なんと寝てしまい、神 の現れである、火と煙が切り裂かれた動物の間 を通られました。アブラハムができなくても神様 だけが当事…
 
今回は、「主の御前でへりくだりなさい。」(ヤコブ4:10)からのメッセージです。へりくだる、そうすれば、主があなたがたを高くしてくださいます、との約束が続いています。へりくだる生き方を学んで行きたいと思います。ところで、前回は「平和をつくる人になろう」(ヤコブ3:18)とのテーマでメッセージを語りました。私たちはイエスに出会い、罪を悔い改め、人生が変えられて新しい生き方をスタートした者たちです。神はそのような私たちを、平和をつくる人に、また義の実を結ばせる種を蒔く人にならせようとしておられるのです。平和をつくる、種を蒔く、そのような積極的な面を持ちながらも、いつでも主の御前でへりくだることのできる謙遜な信仰者でありたいと願っています。それでは、ヤコブの手紙4章1-17節を読んでみてください。…
 
実施日時: 2021年6月6日 日曜礼拝  メッセンジャー: 門谷 信愛希 牧師  聖書箇所: 出エジプト記15章19〜27節  長さ・サイズ: 37:41 (17.25MB)  内容紹介: 「海が分かれて間を通って救い出される」。あり得ないような形でエジプトから救い出されたイスラエルの民は、神をほめたたえて賛美の歌を歌います。その姿は、現代に生きる信仰者の姿の予型でした。そして、救われた民は早速荒野に導かれます。「信仰を持てば、楽な道を歩めるはずでは無かったのか」。誰もが一度は考えるそのような問いに、聖書はどんな答えを与えているのでしょうか。丁寧に説き明かします。 「海が分かれて間を通って救い出される」。あり得ないような形でエジプトから救い出されたイスラエルの民は、神をほめたたえて賛美の歌…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 御言葉:使徒2:14-21、4:29-31 6月6日 聖日礼拝 八束 選也師 *聖霊によって「仕える者、礼拝者」とされ、 主の御計画に用いられる! 1.主を信じる者は賜物として聖霊を受け 更に聖霊に満たされると約束されている 「預言者ヨエルによって語られた事」 (使徒1:4-5,2:1-4,2:38) *聖霊のバプテスマ=洗礼、浸す 求めなさい、そうすれば与えられます!(ルカ11:9-13) 聖霊は、イスラエル人、異邦人、性別、世代、身分も関係なく、全ての人が受けることができます(ヨエ2:28-29)。聖霊を受けることについて、聖書には2つの側面が書かれています。第一に、イエス様を信じると、賜物として聖霊が与え…
 
今回は、「平和をつくる人になろう」(ヤコブ3:18)からのメッセージです。前回は「行ないのない信仰はむなしい。」(ヤコブ2:20)とのテーマでメッセージを語りました。特に、アブラハムの信仰から信仰と行ないは常に共に進むものであり、行ないのない信仰がむなしく、死んだものではとの指摘を受けました。今日は、行いに視点を置きながら、私たちの言葉に気をつけること、そして平和を造る人になるとのチャレンジを受けたいと願っています。それでは、ヤコブの手紙3章1-18節を読んでみてください。 3章1節では、「多くの者が教師になってはいけません。ご承知のように、私たち教師は、格別きびしいさばきを受けるのです。」と書かれています。教師は、人を教える立場にあり、言葉を大切にする職業です。優れた判断力を必要とします。…
 
実施日時: 2021年5月30日 日曜礼拝  メッセンジャー: 門谷 信愛希 牧師  聖書箇所: マルコ10章17〜31節  長さ・サイズ: 41:21 (18.93MB)  内容紹介: イエス・キリストの前に、ある男性が訪れたところから今日のお話は始まります。他の福音書から青年・リーダー格と判明するこの人には、ある悩みがありました。それは、「永遠のいのち」を得ていないということでした。裏を返せば「死」を意識していたとも言えるこの人は、切実な願いを持ってイエスの前に進み出ます。彼は何を語り、そしてキリストは彼に何を答えたのか。そこには、人間にとって本質的ともいえる「価値観の変革」の必要がありました。死やいのちを真剣に考える機会の乏しい現代人に、キリストは何を語っているのでしょうか。聖書から丁…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 御言葉:ルツ4:1-17 、エペソ2:18-22 5月30日 聖日礼拝 八束 慰也 師 *ガーアール=買い戻す、贖う、解放する、身代金を払う⇒私の物とする。 1.イスラエルを完全に買い戻す主の計画(:9) ボアズが行ったことは、イスラエルを土地も子孫も完全に回復することでした。これは神様の計画です。ボアズは、神様が命じられた御言葉を実行したのです。神様が買い戻さなければいけない、と言われたのは親族の「土地」( レビ25:23-25)と「子孫」(申命記25:5-6)です。この買い戻しは誰かが得になるためのものではなく、イスラエルの土地も子孫も失われないようにしなければならないという神様のルールに基づいてのもので…
 
実施日時: 2021年5月23日 日曜礼拝  メッセンジャー: 門谷 信愛希 牧師  聖書箇所: 使徒の働き2章1〜21節  長さ・サイズ: 41:24 (18.95MB)  内容紹介: 聖霊が弟子たちの上に目に見える形で降った日を記念するペンテコステ礼拝のメッセージ。信仰者を実際に導くお方が来られた日でありながら、理解の面では今ひとつのとも言われるこの日には、いったいどのような意味があったのでしょうか。起こった出来事一つ一つの背景を踏まえながら、分かりやすくお話しします。 聖霊が弟子たちの上に目に見える形で降った日を記念するペンテコステ礼拝のメッセージ。信仰者を実際に導くお方が来られた日でありながら、理解の面では今ひとつのとも言われるこの日には、いったいどのような意味があったのでしょうか。…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 御言葉:ルツ3:1-18 、ヨハネ15:14-16 5月23日 聖日礼拝 八束 慰也 師 *ユダヤ教では、シナイ山での律法授与を祝う 七週の祭りでルツ記を朗読します。異邦人もイスラエルの神を信じること・聖霊による教会の誕生が、ルツ記には明確に示されているのです。 1.主の収穫の時 大麦をふるい分けるのは、収穫期の到来を示 しています。(ルツ3:2)打ち場は集落から離れた、 強風が吹く場所です。大麦の束を振り上げて板 に打ちつけると、軽いもみ殻は外れて風に乗って遠くに飛ばされ、重い粒は近くに落ちるので す。風は神の霊、聖霊を意味します。ボアズ(力 ある者の意)は打ち場で寝泊まりしていました。 (ルツ3:4)収穫の主は遠…
 
このブラウザでは再生できません。 再生できない場合、ダウンロードは🎵こちら 御言葉:出エジプト40:34-38 、使徒9:31 5月16日 聖日礼拝 八束 選也 師 *導く=ナーハー⇒導く、教える、指示する *主は私たちを愛し導いてくださるお方です。み ことばと聖霊により私たちを主イエス様に導いてく ださいます。神のみこころの中心である十字架と 復活の目的、イスラエルの回復と全世界の民の 救い、すべての口が「イエスは主である」と告白し て父なる神様の栄光がこの地に満ち溢れること、 主ご自身のヴィジョンを聖霊様は成し遂げさせて くださいます。 1.聖霊は主イエスについて、すべてのことにつ いて明らかにする (ヨハ16:13-14、Iヨハ5:5-8) 真理の御霊は私たちをすべての真理に導い…
 
 今回は、「みことばを実行する人になりなさい。」(ヤコブ1:22)からのメッセージです。前回からはヤコブの手紙を学び始めています。「試練に耐え忍ぶ人は、さいわいである。」 (ヤコブ1:12)からメッセージを前回語りました。試練に耐える、神からの知恵を求める、試練と誘惑の違いを認識する、そのような内容を語りました。本当に信仰は表に現われる、当然なことではと私は思いますが、口先だけではない、行動を伴う信仰を持ちたいと心から願っています。今回は、言葉に気をつける、兄弟愛を実践する、差別をしない、そのような内容を語っていきたいと思います。それでは、ヤコブの手紙1章19-2章13節を読んでみてください。 ヤコブ1章19節には、「あなたがたはそのことを知っているのです。しかし、だれでも、聞くには早く、語…
 
Loading …

Quick Reference Guide

Copyright 2021 | Sitemap | Privacy Policy | Terms of Service
Google login Twitter login Classic login